header_image
gnav_top
gnav_gallery
gnav_custome2
gnav_sale
gnav_shop

コミュニケーション

btn_blog
btn_facebook

お問い合わせ

サニーサイドガレージでは、各種カスタムのアドバイスをさせていただいており、カスタムの項目によっては、得意としている専門業者様や認証工場へ外注致します。

インジェクションチューニング

IMG_8742

サンダーマックス(ZIPPER’S)サンダーマックス(フルコンピューター)を使用して、現行車特有の低回転でのモタツキを解消させます。サンダーマックスを装着することにより、燃料調整/点火時期調整/アイドリング回転数などのチューニングを行うことができ、ハーレー本来のパワーを引き出します。
※他社で購入されたサンダーマックスのリセッティングも承ります。

btn_more

エキゾーストマフラー

e0244238_17245665 重低音のハーレーサウンド ハーレー特有の低く地鳴りのような排気音。
ハーレーらしいドコドコとしたエキゾーストノートを奏でます。

btn_more

エンジンチューニング

P1010221 ハーレーダビッドソンの要とも言えるエンジン ノーマルエンジンでもトルク感溢れるエンジンフィーリングが楽しめますが、エンジンにチューニングを施すことで、ノーマルのエンジンとはまた違ったエンジンフィーリングを楽しむことが出来ます。
オーバーホールからチューニングエンジンまで幅広く対応しております。

btn_more

サスペンションチューニング

IMG_8630 日本の街中にあった足回り 最近の現行車は、スタイル優先で特に車高が低く。曲がった道が多い日本では、ステップが路面に当たってしまったり、急な道路の変化で腰を痛めてしまう例もあります。
そんな足回りを、よりグリップするタイヤに交換したり、バネやサスペンションを交換する事で、快適な乗り心地を得る事が出来ます。


btn_more

ブレーキカスタム

IMG_8649 走行性能に合ったブレーキ選び 車重やパワーに比べ少し物足りなさを感じるハーレーのブレーキ。アメリカでは真っ直ぐな道を走り続けるだけなので、ブレーキをかける事をそんなに意識していないのでしょうか。。。  しかし、日本は信号も多く、ブレーキをかける回数はアメリカに比べ何十倍もの回数になります。そんな物足りなさを感じるハーレーのブレーキも、ブレーキディスクやブレーキキャリパーを交換する事で、安心して走行できるハーレーに産まれ変わります。
お客様の走りに合わせた組み合わせをお勧めします。

btn_more

オリジナルペイント

e0244238_11404729[1] 自分だけのカスタムペイント ワンポイントからフルペイントまで、カスタムペイントで自分だけのオリジナルバイクを作り上げましょう。

カスタムペイント以外にも、紛体塗装なども受け付けております。ホイールやFフォークなどのブラックアウトに最適です。

btn_more

点検整備・車検代行

IMG_3549

ハーレーの点検整備・車検代行ならおまかせください当店は、中部運輸局長より認証を受けており、車検整備に関する事業を行う事が可能です。 
現行車などハーレーは壊れなくなったと言っても日々の点検の必要性がなくなったわけではなく、使用していく課程で構成部品の磨耗や劣化は進行していきます。
ハーレーを安全で快適に使用するためには、オートバイ本来の性能を維持することが必要だとサニーサイドガレージは考えます。
車検整備の点検メニューもたくさんありますので、お気軽に御相談下さい。